2月15日(日)明日につなぐ風景「 ぼかしまき&どんどんやき 」開催のお知らせ

<中央線森のマガジンプロジェクト-明日につなぐ風景>

 中央線沿線武蔵野の風景や環境を守り育んでいくため、屋敷林の緑に囲まれながら、緑地の土を元気にするぼかし(有機肥料)、まきと、竹の間伐材を利用した焼き芋の会を開催します。
希望者にはぼかしをさし上げます。是非ご家族でご参加ください。 

■日 時:2009年2月14日(日)13:30~15:30
■場 所:瀧島さんの緑地 東小金井駅北口徒歩約8分(電機大付属高北側)
■集 合:13:30 
(マシュマロなどを刺す竹の串を一緒につくりたい方は13:00にお越しください)
■内 容:
 <ぼかしまき>  
    前回作って熟成した肥料を緑地にまいて春に咲く花を元気にします。
 <どんどんやき> 
    間伐した竹の枝葉を使ってさつまいも、マシュマロを焼いて食べます。
    じゃがいも等の野菜その他ソーセージ等焼きたい方は各自持参ください。

 ※軍手・飲み物をお持ちください。

■参加費:おとな 200円、こども100円 (雨天ぼかしまきのみ実施)
■定 員 50名。 定員になり次第締め切りとさせていただきます。
  
■申込先:住所・電話番号・名前を添えて下記まで
  Tel →  042-385-3191 (前々日まで 前日&当日→ 090-4414-8445)
  Fax→  042-385-7037 
       E-mail→ info@green-necklace.org 

 < 主 催 > NPO法人 グリーンネックレス、小金井にプレイパークを作る会
 < 協 力 > NPO法人 全国花のまちづくりネットワーク 
       http://www.green-necklace.org/ 

-------<「明日につなぐ風景」(華の風景づくり改め)とは>------

 グリーンネックレスでは、中央線の高架化で南北につながる道やまちを華やかにしようと、「中央線『華』の風景づくり」に取り組んでいます。

 武蔵野の面影を残す小金井ですが、屋敷林などの緑地は年々少なくなりつつあります。この貴重な緑地を少しでも多く残していくため、東小金井駅近くの瀧島さんの緑地にて、農家と市民が一緒に土との関わりをもちながら、武蔵野の風景を守り育てる活動を始めました。

 昨シーズンは、8月に10万粒の紫花菜(ムラサキハナナ)の種まき会を皮切りに、秋には栗の収穫、冬には有機肥料をつくり、できた肥料をまいて、春には待望の花が緑地一面に咲きました。
 ムラサキハナナは、花を見て楽しむだけでなく、ゆでたり、サラダにして味わうこともできる「作物」です。 
この一年、栗の苗木の定植体験や、竹林では、地中で竹の茎がつながっている様子やミミズや微生物が土作りをする話を聞きながら、タケノコ掘り、地中倉庫の探検など、屋敷林や果樹園でめいっぱい楽しみ・親しみながら、緑地の大切さを学びました。
 今シーズンは、「小金井にプレイパークを作る会」のみなさんと一緒に活動をしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック