『武蔵野夫人』1950年

「大岡昇平が見たはけ沿いの風景」について」について
土地の人はなぜそこが「はけ」と呼ばれるかを知らない、で始まる小説。作家の大岡昇平は1926年頃から崖線界隈を見聞。一時期居留した富永家(小金井市市中町)の敷地からはいまも往時のままの風景が見える。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック